FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120322鰤の照り焼き

3022buri1.jpg 
鰤の照り焼き・茹でキャベツ・春菊の胡麻和え
ポテトサラダ(ハム・キュウリ)・蓮根の甘酢漬け・浜大根の味噌漬け
おから煮(竹輪・人参・椎茸・大根の皮・スナップエンドウ)
浜大根のふりかけ(さくら海老・生姜・白胡麻)


0321yoyogi4.jpg 
ミニアイリス】アヤメ科アヤメ属(アイリス属)


0321yoyogi3.jpg 
ミモザ】マメ科アカシア属


0321yoyogi2.jpg 
【カワヅザクラ・河津桜】バラ科サクラ属

0321yoyogi1.jpg 


3022buri2.jpg 

3022buri3.jpg 
残り物を総結集しておからを作りました。
これでおからを使い切りです。


3022buri4.jpg

20120320牡蠣フライ

0320kaki1.jpg 
牡蠣フライ・タルタルソース(茹で玉子・タマネギ・ラッキョウ・マヨネーズ)
スナップエンドウ・小女子・ポテトサラダ(ハム・キュウリ)
大根煮・春菊と蒲鉾の酢味噌和え・浜大根の醤油漬け
ヒジキ煮(高野豆腐・油揚げ・人参・生姜)
浜大根のふりかけ(さくら海老・生姜・白胡麻)


0320kaki2.jpg 


0320kaki3.jpg 


0320kaki4.jpg 


0320kaki5.jpg 

0320kaki6.jpg 
牡蠣・・・今期食べたっけ?
キムチ鍋に入れたような気もするけど、思い違いかな。
と言うことで、スッキリと牡蠣フライ。
カリッ! ウメ~~~~~~ッ! 
揚げたてが最高だけど、冷めても美味しい。
ハイそうです、ご想像通りこちらは昨夜の残り物です。

タルタルソースにラッキョウを使うのは私流です。
酸っぱめが好みなのでお酢はかなり入れてます。

0320kaki7.jpg 

0320kaki8.jpg 
浜大根の活躍の場はまだまだ続きます。
まだアイデアがあるんだよな。
また採取してこようっと!


0320kaki9.jpg

20120319五色弁当

0319toyama2.jpg 


0319toyama1.jpg 
五色弁当
牛肉そぼろ・炒り玉子・浜大根のふりかけ《さくら海老・生姜・白胡麻》
スナップエンドウ・紅生姜

大根煮・お焼き(宇和島の天ぷら・人参・切干し大根・干瓢・紅生姜)
五目豆(大豆・人参・凍み豆腐・凍み蒟蒻・切り昆布)
浜大根の昆布茶漬け・浜大根の味噌漬け・蓮根のキンピラ


0319toyama3.jpg 

0319toyama4.jpg 
せっかくきれいに並べていたのにバラバラだ。
織り込み済みだけどね。
腹に入れば皆同じ。

0319toyama5.jpg 

0319toyama6.jpg 
浜大根、いろいろと活躍していただいております。


0319toyama7.jpg

20120318牛丼

0318gyudon1.jpg 
牛丼(タマネギ・豆腐・春菊)・イカナゴの唐揚げ・浜大根の昆布茶漬け
焼き蒲鉾・南瓜煮・オオカワヂシャのナムル(黒胡麻)・カンゾウの酢味噌和え
ヒジキ煮(高野豆腐・油揚げ・人参・生姜)・紅生姜


0318gyudon2.jpg 

0318gyudon3.jpg 
豆腐と春菊を加えてすき焼き風の牛丼にしてみました。

0318gyudon4.jpg 
いつもの蒲鉾もフライパンで焼くと一味違った趣になりますよ。
醤油をタラッとね。

0318gyudon7.jpg 
春の香り満載のカンゾウ。定番のヌタにしました。
名前の通り甘くて美味しい。
丼一杯食べたいな~~

カンゾウ・甘草】ユリ科ヘメロカリス属

0318gyudon5.jpg 


0318gyudon6.jpg

20120316カレーコロッケ

0316akasaka1.jpg 
カレーコロッケ・ムラサキハナナのお浸し・厚揚げ煮・カレー味煮玉子
紅生姜だれ漬け(人参・セロリ)・オオカワヂシャのナムル(黒胡麻)
ヒジキ煮(高野豆腐・油揚げ・人参・生姜)・小女子・フキノトウ味噌


0316akasaka2.jpg 

0316akasaka3.jpg 
カレーをアレンジして作ったコロッケです。
レンチンしたジャガイモをざっくり潰し、カレーとコーン、おからも加えて小判型に成形。
小麦粉2を水1で溶いた液にくぐらせパン粉を付けて揚げました。
生地がゆるめなので取り扱い注意です。
冷蔵もしくは冷凍すれば扱いやすくなるでしょうね。
いくつか冷凍しておきました。

0316akasaka4.jpg 
オオカワヂシャを食すのはお初です。
食べられる野草だときいてたので是非ともと思っておりましたが、チャンスがめぐってきました。
チシャの仲間なので生食OKなのですが今回はナムルです。
さっと湯がいて水に晒し、固く絞って塩と胡麻油で和え、黒胡麻をまぶしました。
野草にありがちな灰汁の強さもなく、シャキシャキとした食感で食べやすかったです。
クレソンにも似た食感といったら伝わりますかね。

こちら↓にオオカワヂシャについての詳細を書いております。
オオカワヂシャ・大川萵苣】 ゴマノハグサ科クワガタソウ属

0316akasaka5.jpg 
高野豆腐入りのヒジキです。
長姉が磯で採取し大鍋で茹でて乾燥した一品ですのでね、故郷の香りがプンプンしてきます。
市販の芽ヒジキより茎のあるほうが柔らかくて美味しいです。
いつものように小分けして冷凍しておきましょう。


0316akasaka6.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。