FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120530揚げ餃子

20120530bento1.jpg 
揚げ餃子・キャベツの千切り・セロリの味噌漬け・小松菜のお浸し
アンチョビポテト・玉子焼き(カンゾウ)・スナップエンドウ・焼きパプリカのマリネ(セロリ)
ヒジキ(凍み豆腐・干し竹の子・セロリ)・明日葉の佃煮



20120530hana1.jpg



 20120530hana2.jpg 
【ヤエドクダミ・八重毒溜】ドクダミ科ドクダミ属


20120530hana3.jpg 
【ゴボウ・牛蒡】キク科ゴボウ属


20120530hana4.jpg 
【スモークツリー】ウルシ科コティヌス属


20120530hana5.jpg 
【ジューンベリー】バラ科ザイフリボク属


20120530hana6.jpg 
【クワ・桑】クワ科クワ属


20120530bento2.jpg 


20120530bento3.jpg 
餃子はやや高めの温度で一気に揚げ、あらかじめ用意しておいたタレ(ニンニク醤油・酢)にドボン。


20120530bento4.jpg 
レンチンしたジャガイモに刻んだアンチョビを混ぜ、多目の胡椒で仕上げます。


20120530bento5.jpg 
カンゾウを芯にしてクルクルと巻きました。
真ん中におさまめて美しい姿になる予定だったんだけどな。


20120530bento6.jpg 
フライパンでオリーブオイルを温めパプリカを焼きます。
焦げ目が少しついたパプリカをマリネ液にドボン。
セロリは生のままです。


20120530bento7.jpg 




20120530hana7.jpg 
【アジサイ・紫陽花】スイカズラ科アジサイ属


20120530hana8.jpg 
【トキワツユクサ・常磐露草】ツユクサ科ムラサキツユクサ属


20120530hana9.jpg
スポンサーサイト

20120529煮豚

20120529bento1.jpg 
煮豚・千切りキャベツ・煮玉子・カンゾウとカニカマの胡麻味噌和え
ブロッコリー・キュウリの梅肉和え・セロリの味噌漬け
ヒジキ(凍み豆腐・干し竹の子・セロリ)・アカシアと刻み昆布の佃煮



20120529hana1.jpg 
【ユリノキ・百合の樹】モクセイ科ユリノキ属


20120529hana2.jpg 
【クスノキ・樟・楠】クスノキ科ニッケイ属


20120529hana3.jpg 
【カルミア】ツツジ科カルミア属


20120529hana4.jpg 



20120529bento2.jpg 


20120529bento3.jpg 
しばらく角煮を食べてないなと思ったんだけど、時間がかかるしな(圧力鍋持ってません)、煮豚なら時短だよなってことで作りました。
豚バラ肉を1,5cmほどの厚さに切りフライパンで焼き、余分な脂を出します。
この脂も(ラードですね)もったいないのでとっておきます。
炒め物などに利用するつもり。
しっかり焼いた豚肉を別鍋に入れ、多目の水と砂糖、蜂蜜(たまたま手元にありましたのでね)でコトコト煮ます。
日本酒や紹興酒なら最初から入れてもokですが、料理酒や調理用の味醂は駄目です、塩分が入っていますので。
塩分を入れると肉が固くなります。
まずは甘みだけです。
煮汁が半分以下になってきたら、醤油、料理酒を入れ30分ほど煮込みました。
こってり甘い煮豚が出来上がりました。
たっぷりの旨みが濃縮した煮汁、さてさてどう再利用しましょうか。


20120529bento4.jpg 
やっぱり煮玉子も食べたいよね。


20120529bento5.jpg 
胡麻味噌で和えたカンゾウとカニカマ。


20120529bento6.jpg 
塩もみしたキュウリはギュッとしぼり、刻んだ大葉と梅肉和えに。



20120529bento7.jpg

20120528レバー炒め


20120528bento1.jpg 
レバー炒め(ピーマン・セロリ・エノキ)・レンチンキャベツ・人参のグラッセ
セロリの梅酢醤油漬け・切り干し大根とひじきのラッキョウ酢漬け
キュウリの食べるラー油和え・大葉・小女子・おから(黒大豆・枝豆)・明日葉の佃煮



20120528hana1.jpg 
ニゲラ】キンポウゲ科ニゲラ属


20120528hana2.jpg 



20120528bento2.jpg 


20120528bento3.jpg 
ごはんがいつもの量より少な目だったので、過日の竹の子ごはんを引っ張り出してきました。


20120528bento4.jpg 
いつもはそのまま炒めちゃうレバーですが、今回は一手間かけました。
ニンニク醤油、酒、、砂糖ひとつまみのタレに漬け、片栗粉をまぶして油通ししてから野菜と一緒に炒めました。
ウェイユーとオイスターソースをほんの少しだけ足して味付け。
やっぱり一手間かけただけの価値はありました。


20120528bento5.jpg 
常備菜etc.



20120528bento6.jpg

20120527豚肉のソテーパセリソース

 
20120527bento1.jpg 
豚ロース肉のソテーパセリソース・新タマネギの塩もみ・ブロッコリー・小松菜のお浸し
牛蒡のキンピラ・セロリの味噌漬け・キュウリのタベルラー油和えヒジキ(凍み豆腐・干し竹の子・セロリ)
パプリカのカレー炒め(セロリ)・アカシアと刻み昆布の佃煮




20120527hana1.jpg 
【ブラシノキ・ブラシの木】フトモモ科ブラシノキ属


20120527hana2.jpg 
【オルレイヤ ホワイトレースフラワー】セリ科オルレイヤ属


20120527hana3.jpg 
【アカバナユウゲショウ・赤花夕化粧】アカバナ科マツヨイグサ属



20120527bento2.jpg 


20120527bento3.jpg 
軽く塩、胡椒をした豚ロース肉をフライパンで焼き取り出します。
クッキングペーパーでフライパンを拭い、マーガリン、醤油、酒、砂糖少々を入れて火をつけます。
半分ほど煮詰めて火を止め、刻んだパセリを投入してよく混ぜればパセリソースの完成。
パセリは火の入れ過ぎは厳禁です。
ソースを吸い取らせるために、下に新タマネギの塩もみを敷いています。


20120527bento4.jpg 
皮をむいて半干しにしたセロリの味噌漬け。
信州味噌と白味噌とを合わせて味噌床にしました。


20120527bento5.jpg 


20120527bento6.jpg 
塩で炒めたパプリカとセロリにカレー粉で風味付け。


20120527bento7.jpg 




20120527hana4.jpg
【イボタノキ・水蝋樹】モクセイ科イボタノキ属


20120527hana5.jpg 
【セイヨウイボタノキ・西洋水蝋樹】モクセイ科イボタノキ属

20120526冷凍いなりなど・・・

20120525inari1.jpg 
稲荷寿司・あさりごはん・紅生姜・大葉・ブロッコリー・玉子焼き(パプリカ・セロリ)
小松菜のお浸し・ヒジキ(凍み豆腐・干し竹の子・セロリ)・スナップエンドウ
セロリの梅醤油漬け・掻き揚げ(新タマネギ・ブロッコリーと桜エビ)



20120525inar9.jpg 
【ハタケニラ・畑韮】ユリ科ステゴビル属


20120525inar10.jpg 
【コメツブツメクサ・米粒詰草】マメ科シャジクソウ属



20120525inari2.jpg 


20120525inari3.jpg 
今回のごはん部門、どちらも冷凍です。
いなり寿司はこちら、あさりごはんはこちら
いなりはレンチンしただけ。
あさりごはんは俵型のおにぎりにし、大葉と海苔でくるみました。


20120525inari4.jpg 
ごはんもおかずも味付けがしっかりしているので、玉子焼きは塩少々のもみでごく薄味。
小松菜は味付け無し。
お浸しはいつもそんな感じにしてます。


20120525inari5.jpg 
半干ししたセロリは梅酢醤油で漬けました。


20120525inari6.jpg 
故郷便のヒジキをせっせと消費しなくちゃと思って作っていますが、どんどん好きになっちゃいましたよ。
もともとヒジキの煮物は好きだったんだけど、毎日でも食べたい一品になりました。
いつまで続くか判りませんが、こうなったら飽きるまでやってみようかな。さすがに毎日inすることはないけど・・・
身体にいいことは間違いなしだもんね。
今回は手作りの乾燥竹の子も入ってますよ。


20120525inari7.jpg 
新タマネギもそろそろお終いですかね。
掻き揚げ、甘くて旨っ!
もう一回食べるつもり。


20120525inari8.jpg 



20120525inar11.jpg 
【オニゲシ・鬼芥子・鬼罌粟】ケシ科ケシ属
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。