FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120717鯛めし

20120717bento1.jpg 
鯛めし(白胡麻)
玉子焼き(芽ニラ)・小松菜と蒲鉾の柚子胡椒和え
夏野菜の揚げ浸し(ズッキーニ・南瓜・パプリカ・セロリ)
ブロッコリー・ベランダトマト・キュウリの浅漬け・セロリの醤油漬け
小女子の佃煮(切り昆布・エノキ・生姜の醤油煮)・自家製ラッキョウ



20120717bento2.jpg 


20120717bento3.jpg 
予定は未定。
そんな流れで鯛めしを作っちゃった。
鯛の頭がお得値で並んでたので即買い。
あれやこれやとメニューが浮かびましたが、まずは焼きましょう。

20120717bento4.jpg 


20120717bento5.jpg 
兜とカマを別焼きしたのは、グリルの容量の問題。


20120717bento6.jpg 
身をほぐしましょう。
小骨が少ないので比較的簡単にほぐれます。


20120717bento7.jpg 
兜もバラバラにして隅々まで掘ってほぐして、目ん玉の裏のコラーゲンも忘れずに。

20120717bento8.jpg 
まだまだ捨てませんよ。
バラバラになった骨と皮、葱と生姜の切れっぱしで美味しい出汁をとりましょう。

ここまでやってから流れが鯛めしに大きく傾きました。

だし汁を使ってごはんを炊き、ほぐし身の半分を炊き上がった後乗せて蒸らします。
それはそれは上品な鯛めしが完成いたしました。

残り半分のほぐし身でもう一品作りましたが、お披露目はしばし待たれよ。


20120717bento9.jpg 
ベランダ栽培のニラ、育ってきたので間引きました。
1mmほどの細いニラの芽、もったいないので使っちゃいましょう。
芽ネギがあるなら、芽ニラがあってもいいじゃないか。


20120717bento10.jpg 
こちらもベランダ栽培の間引いた水菜。
間引いたというか、もはや摘み菜。
大根の摘み菜が存在するなら、水菜の摘み菜も参加してもいいだろう。
すでに食べてるし、同じアブラナ科だし。


20120717bento11.jpg 
素揚げした夏野菜たち(ズッキーニ・南瓜・パプリカ)を白だしにドボン。
セロリは生のままで投入。


20120717bento12.jpg 
もうひとつのセロリは半干しして醤油にドボン。
ドボンというには恥ずかしくなるような醤油の量。
白だしもしかり。


20120717bento13.jpg 
登場しましたよ、自家製のラッキョウが。

20120717bento14.jpg 
    旨ッ!

頂戴なんて言わないでね。
言われてもあげないけど。



20120717bento15.jpg  
梅雨があけました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。