FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120714稲荷寿司


20120714bento1.jpg 
稲荷寿司
①カニカマ・キュウリ・甘酢ミョウガ・大葉・白胡麻
②ひじき煮(竹輪・小豆・牛蒡・ニンジン)+焼き鮭・黒胡麻

玉子焼き(ネギ)・ブロッコリー・南瓜煮・ブロッコリーの茎の白味噌漬け
ベランダトマト・ニンジンのグラッセ・宇和島の天ぷら
小女子とセロリの葉の佃煮(生姜)・紅生姜


20120714bento2.jpg 


20120714bento3.jpg 
久し振りの酢飯系。
年中食べますが、夏になると殊更酢飯に魅かれますね。
別メニューを考えていたんだけど、手違いがあってお稲荷さんにしました。
それも2バージョンに。

20120714bento4.jpg 
塩もみしたキュウリと大葉、甘酢漬けのミョウガ、カニカマに白胡麻を入れてさっぱり派。
生姜を入れるのを忘れちゃった。
千切り生姜を入れると、よりさっぱりしますね。

20120714bento5.jpg 
常備菜のヒジキ煮に、焼き鮭とドバッと黒胡麻をプラスしてこってり派。
控えめなこってり派です。
肉味噌などを参加させると、より濃厚な味になります。


20120714bento6.jpg 
ネギの入った玉子焼きはお王道。
子供の頃は嫌いでした。


20120714bento7.jpg 
煮た南瓜はおふくろの味。
醤油たっぷりで甘辛かったな。
自分で作るときは塩分控えめ。
時代の趨勢ってことで。


20120714bento8.jpg 
このおかたが登場するとほっとします。
ソウルフードも昔に比べるとお高くなりました。
目指せ全国区!


20120714bento9.jpg

20120713キンピラ牛蒡の玉子とじ丼

20120713bento1.jpg 
キンピラ牛蒡の玉子とじ丼
鶏胸肉のスティック唐揚げ・水菜・パプリカ・焼き蒲鉾
チーズポテト餅・小松菜のお浸し・ブロッコリーの茎の白味噌漬け
キャベツとキュウリの塩昆布漬け・ベランダトマト
小女子の佃煮(切り昆布・エノキ・生姜の醤油煮)



20120713hana1.jpg 
ヤブミョウガ・薮茗荷】ツユクサ科ヤブミョウガ属


20120713hana2.jpg 
ラムズイヤー】シソ科イヌゴマ属



20120713bento2.jpg 


20120713bento3.jpg 
昨日作った牛蒡のキンピラ、早速の登場です。
こちらを念頭に作ったんだけどね。

20120713bento4.jpg 
薄く味付けしただし汁に入れ、胡麻をダバッと投入して玉子でとじればおしまい。
大好物のキンピラ丼が出来上がりました。
鯖と並び必須アイテムの牛蒡、どう料理しようと好きですね。
柳川風もいいけど、牛蒡だけで作るんだったら、キンピラにしてから玉子とじにしたほうが断然旨いです。
私のスタミナ食です。


20120713bento5.jpg 
鶏胸肉をスティック状にカットした唐揚げ。
この形状がお気に入りing。


20120713bento6.jpg 
レンチンしただけのパプリカ。
味付け無し。


20120713bento7.jpg 
焼き蒲鉾は夏の弁当により向いてます。


20120713bento8.jpg 
レンチンしてマッシュしたジャガイモに粉チーズを入れて混ぜ、小麦粉、水少々を加えて程よい固さに調整。
溶けるチーズを芯にして成型。
片栗粉でコーティングして、やや多めの油で焼きます。
表面に焼き色が付けばok。
冷めてからカットしないと大変なことになるよ。


20120713bento9.jpg 
白味噌漬けのブロッコリーの茎。
サッと湯通しして漬けます。
旨しッ!


20120713bento10.jpg



20120713tonbo.jpg

20120712キャロットライス

20120712bento1.jpg 
キャロットライス・ソーセージ・玉子焼き(ベランダトマト・粉チーズ)
ブロッコリー・ささがき牛蒡とピーマンのキンピラ・カボチャ
キャベツとキュウリの塩昆布漬け・小女子の佃煮(切り昆布・エノキ・生姜の醤油煮)・青豆


20120712bento2.jpg 
きれいに染まっているでしょう? 自画自賛。


20120712bento3.jpg 
2合の米に10cmほどのニンジンをすりおろし、オリーブオイルをタラリ。
塩で味付けし水加減は幾分少なめにしております。
炊き込みごはんの味付けは、米1合につき、醤油なら大さじ1、塩だと小さじ1を基本にしております。
好みや他のおかずとの兼ね合いでコントロールしておりますよ。
スープが白濁しているのは、豚骨スープをいれているからです。
これはたまたまあったので使っただけです。
キャロットライスはアレンジも楽しめますのでね、はてさてどうリメークいたしましょう。


20120712bento4.jpg 
深めの切り込みを入れてトースターで焼いただけのソーセージ。


20120712bento5.jpg 
小さく刻んだプチトマトと、粉チーズ入りの玉子焼き。


20120712bento6.jpg 
レンチンしただけのカボチャ。
キンピラはまずささがき牛蒡だけで作り、出来上がったら取り出し、使う分だけ残したフライパンにピーマンの細切りを加えて炒め合わせました。
残りのささがき牛蒡のキンピラ(こちらがメインです)は、大好物のあれに変身して即登場します。


20120712bento7.jpg 
塩もみしたキャベツとキュウリを塩昆布に漬けました。


20120712bento8.jpg 
もうバレちゃってるかな、小女子好きだってことは。
切り昆布と醤油で煮ておいた生姜を刻み佃煮にしちゃいました。


20120712bento9.jpg 
今回は冷凍しておいたエノキも投入。
きのこ類は冷凍すると旨みがアップするんですよね。


20120712bento10.jpg 
醤油、多めの酒、味醂、砂糖少々で炊き上げます。
ムシャムシャ食べる佃煮ですのでね、もちろん味付けは薄めですよ。
水は一切使っておりません。
弱火でことこと煮汁がなくなるまで炊きます。
炊き上がったらパットにひろげて水分を飛ばします。
小分けにして冷凍庫行きのグループを選出。


20120712bento11.jpg

20120711青椒肉絲風丼

20120711bento1.jpg 
青椒肉絲風丼(豚肉・ピーマン・パプリカ)
竹輪と水菜のピーナッツ和え・ブロッコリーの皮のキンピラ・ブロッコリー
小女子・ベランダトマト・キャベツとニンジンのさきイカ漬け
キュウリ・ひじき煮(竹輪・小豆・牛蒡・ニンジン)



20120711bento2.jpg 
2袋100円のピーマンが並んでいたので迷わず買っちゃいましたが、冷蔵庫には3個残ってるんだよね。
せっせと使いましょうと青椒肉絲を作ることにしたんだけど、竹の子が無いので「風」ということで。
豚バラ肉の脂があまりないところを使って細切りにし、塩、酒、胡椒を揉みこんで下味をつけます。
ピーマン、パプリカ、生姜も細切りにしてスタンバイok。
焼く直前に下味をつけておいた豚肉に片栗粉をまぶしてコーティング。こうしておくと肉がしっとりします。
胡麻油を熱してまずは肉を焼きましょう。
火が通れば野菜を投入し、合せ調味料(醤油・酒・砂糖ひとつまみ、・オイスタ^ソース・ウェイユー)をからめれて完成。
コーティングの片栗粉でとろみもつきます。
3個のピーマンを使いました。
夏野菜たちスタンバってますよ。
安いときが「旬」です。


20120711bento3.jpg 
竹輪と茹でた水菜をピーナツ味噌で和えました。


20120711bento6.jpg 
水菜もベランダで栽培しております。
本葉が出てきたものから間引いて「つまみ菜」として使います。
大きく育てるのはこのうちの3株ほどにしようと思っております。


20120711bento4.jpg 

残り物や常備菜などで当日作ったのは2品だけ。
暑いときはコンロの前にいる時間が少なくなるよう、知恵をしぼることも肝腎。


20120711bento5.jpg 

20120710鮭の焼き浸し

20120710bento1.jpg 
鮭の焼き浸し・ブロッコリー・ベランダトマト・ブロッコリーの皮のキンピラ
玉子焼き(パプリカ・水菜)・キャベツとニンジンのさきイカ漬け
キュウリ・ひじき煮(竹輪・小豆・牛蒡・ニンジン)・ナメタケ



20120710bento2.jpg 


20120710bento3.jpg 
薄塩の鮭だったので、グリルで焼いた後、醤油、酒、砂糖パラリのタレに漬けておきました。


20120710bento4.jpg 
ブロッコリーの茎の皮を使ったモッタイナイキンピラ。
意外といけますよ。


20120710bento5.jpg 
パプリカの彩りには感謝です。
塩と酒の味付けです。


20120710bento6.jpg 
さきイカの旨みがのった漬物。
お勧めです。


20120710bento7.jpg 
時をおかず作っちゃいました。


20120710bento8.jpg 
当面食べる分は瓶詰めにし、あとはタッパーに詰めて冷凍室へ。
これで一安心。


20120710bento9.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。